代表メッセージ

2014222 

 

 現在、持続可能な社会に向けて、NPO・NGO、事業者(団体)などによって、さらにはさまざまなステークホルダーの協働による取組みがなされるようになっています。そこでは消費者組織も重要なセクターとして、事業者のCSR活動にステークホルダーとして関わる、あるいはマルチステークホルダーの一員として持続可能な社会に向けた議論に加わるようになっていますが、いまだ個人の活動の域を出ていません。そこで消費者組織として、他のステークホルダーとともに、持続可能な社会に向けての取組みをさらに前進させるために、消費者問題の専門家を中心に「サステナビリティ消費者会議」(CCFS)を設立することにしました。従来の消費者団体の枠にとらわれない形で消費者課題を解決するための消費者組織として活動していく考えです。 

 

サステナビリティ消費者会議」(CCFS)は始まったばかりですが、まずは自らの組織を持続可能な社会に向けたものにするためにISO26000(社会的責任に関する手引き)を導入した組織づくり、そして消費者がかかえている消費者課題を発見し、それを持続可能な社会の視点で解決するために、消費者・事業者・行政などに提言を行っていきたいと考えています。 

代表 古谷由紀子 

 

古谷由紀子プロフィール                            

 

中央大学法学部法律学科卒業、立教大学博士前期課程修了

・(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会(通称NACS) 常任顧問

・玉川大学非常勤講師

・一般社団法人経営倫理実践研究センター(BERC)フェロー

・CSRレビューフォーラムレビュアー

(一財)CSOネットワーク評議員(2014年度~)

・特定非営利活動法人ACE評議員(2014年度~)

 

学会

日本経営倫理学会、企業と社会フォーラム、日本消費者法学会、社会デザイン学会

 

行政(主なもの)

・消費者庁「消費者教育推進会議」(2013~)

・内閣府「社会的責任に関する円卓会議」運営委員(2009~)

・経済産業省 ISO/SR国内対応委員会(2008~2014) 

 

企業(主なもの)

公益財団法人日本適合性認定協会マネジメントシステム認定委員会委員

・社外委員(品質諮問委員会、企業倫理委員会、コンプライアンス専門委員会など)

・CSR活動(ステークホルダーダイアローグ、第三者意見など)

 

書籍(主なもの)

「消費者志向の経営戦略」芙蓉書房出版(2010年10月)

ISO26000実践ガイド-社会的責任に関する手引き」(共著)中央経済社

   (20118月)

・「安全に関わる消費者保護の現状と課題」、

  小野雅之・佐久間英俊編著『商品の安全性と社会的責任』

      白桃書房pp.187-206(2013年)

 

論文(主なもの)

・「消費者から見たリコール情報」(共著)日本経営管理協会(1998年)

・「消費者参加型経営への提案」日本経営管理協会(2000年)

・「消費者と企業の信頼の絆を築くために~信頼確保に消費者の参画と

  評価のプロセス導入を~」ACAP(2002年)

・「今後の消費者政策の在り方について-消費者教育推進法成立の背景からの

  考察―」中央大学大学院研究年報(2014年2月)

・「消費者課題解決をめぐる消費者団体と事業者の在り方―市場経済に

  おける課題解決の組みからの考察―」日本経営倫理学会(2014年2月)

・「企業の消費者対応に求められるものとは―CSから消費者課題への

  対応へ」『都市問題』後藤・安田記念都市研究所vol.104、pp.66-73(2013年)